合唱伴奏法

【練習番号C(F)編】2020年Nコン中学生の部課題曲「足跡」ピアノ伴奏完全解説

こんにちは、牛武です。

2020年のNHKコンクールの課題曲「足跡」のピアノ伴奏、練習番号C(F)を解説していきます。
(混声3部合唱編曲を使用して解説しています。)

このブログでは、25年近くピアノや室内楽・伴奏法を学んできたピアニスト牛武がピアノ演奏のノウハウをお伝えしています。

「どのように譜読みしたらいいかわからない・・・。」
「多少弾けるようになったけど、もっとよくするにはどうすればいいんだろう・・・」
という方は是非参考にしてみてくださいね!

楽譜がまだお手元にない方は、
【混声三部合唱】はこちら(アマゾン)
【女性三部合唱】はこちら(アマゾン)
から購入できます♪


さて、練習番号C(F)はいよいよサビの部分になります。

これまでよりグッと和音が充実していて、音楽の色彩が豊かなパートになります。情熱的な曲想を作り上げるには、ピアノ伴奏の役割はとても重要です。

それにしても、音が多くて楽譜が黒い・・・。
第一印象は少し憂鬱なサビパートですが、手になじむと弾き易くなっていきますのできっと大丈夫!
安心してトライしてみましょう!

それでは早速解説していきます!

ポイントこれだけ!

①旋律の音と装飾の音の区別
②音形の方向性
③音量の変化
④ペダルについて

①旋律の音と装飾の音の区別

サビでは伴奏の音が増えます。すると問題になるのは、合唱とのバランスです。

指の忙しさに気を取られて頑張りすぎると、合唱を掻き消すことになってしまうでしょう。これでは「合唱伴奏」とは言えません。

そうならないためには、大切な音とそうではない音のバランスを自分なりに整理するとよいです。

具体的には、合唱のメロディの「補助になる音」と、「装飾的に間を埋めるような音」の区別をつけることです。

93e6ad46e72096d803f085c3e1bdd9d8.jpeg

サビ冒頭の小節で解説していきましょう。

ここではソプラノパートがメロディを受け持っていますので、ソプラノパートとピアノ伴奏のみを抜き出してみました。
そして、青色で示した場所がメロディと重複する音です。

ピアノ伴奏もメロディを聞かせるために、メロディと重複する音を一番響かせたいです。そのため、この青丸が一番美しく聞こえるようなバランスになるよう、そのほかの音を整理します。

特に注意が必要なのは、右手の中で重要な音とそうでない音が混在していることです。出来れば譜読みの段階から、勢いよくすべての音をフォルテで弾くのではなく、音の優先順位を明確に音取りをしていくことが重要です。

ピアノ伴奏ひとつひとつにもソプラノ顔やアルト顔など、性格を持っているとより一層音楽が引き締まり、魅力的になりますよ!

②音形の方向性

サビでは左右の音が組み合わさって、うねるような響きになるのが特徴的です。

サビを演奏するポイントは、
全ての音をしっかり弾こうと思わないことです。

先ほどの項目でも触れましたが、合唱と同じでピアノ伴奏の音の中にも優先順位があります。

音の数が増えるので「しっかり全部弾かなきゃ」と思ってしまいそうですが、一つ一つの音を丁寧に弾くのはここでは逆効果。
せっかくサビに向かって盛り上げたのに、ピアノのテンポが後ろ向きになって、合唱とのテンポ感がチグハグになってしまう危険性があります。

そこで大切になるのは「音の目的地を決める」という発想です。

具体的に見ていきます。

練習番号Cでは、
1,3拍目の左手はしっかりと打ち出したい「右手のシンコペーション」にむかって、2,4拍目の右手は「1,3拍目の強拍」にむかって、停滞しないように流れに乗って弾きます。

音楽の流れが停滞せず、流れるように演奏するには、強拍の前の拍をアーフタクトのように捉え、次の拍に向かうエネルギーを作り出すことが大切です。


もちろん伴奏はテンポキープの役割も担っていますが、リズムは中心だけしっかりと捉えて、細かな音を軽やかに颯爽と弾くことで音楽の流れがとてもスムーズになり、合唱ものびやかに歌うことが出来るのです。

③音量の変化

23小節、45小節にクレシェンドに注目してみてください。
練習番号CとFでメゾピアノの指示の違いがありますが、クレシェンドのし始めはどちらも音色を統一するのが美しいと思います。
僕はこのクレッシェンドの始まりで、音色を柔らかくすることを理想に弾きました。そうすることでクレシェンドがより効果的に聞こえるのです。

では、具体的にどうやったら音色を柔らかくすることができるのか。


その答えは、“「打鍵のスピード」をコントロールする”事です。

言わずもがな、ピアノという楽器は打鍵のスピードが速いと硬い音色であったり大きな音が発生します。逆に打鍵のスピードが遅いと柔らかい音色が出せるのです。
では打鍵のスピードをゆっくりにし、柔らかい音を出すのに具体的なコツは何なのかズバッとお答えしましょう。
手首や腕の関節を柔らかく動かす事です。

これが習得すれば、怖いものなしです。瞬時に音色が変わるので騙されたと思って実践してみてください。

音色作りは個人の筋肉量や骨格によって少しずつ違いますので、細かな感覚を文字にしてお伝えすることは残念ながらとても難しいです。
なので、ゆっくりと自分の体の状態や感覚を把握してみてください。
音色作りは深掘りするととても奥深い世界です。これを機に自分の奏でる音に注目してみてください。

そう試行錯誤して、理想の音を見つけたら、次は少しずつテンポを上げて練習していきましょう。

こうして理想の音色で理想のフレーズが弾けるようになります。

④ペダルについて

ペダルを多めに踏んで豪華な感じにするか、シンプルですっきりした響きにするかで判断に迷うところです。

曲が終わりに行くにつれて段々盛り上がるのが音楽作りの王道ですが、ペダルをうまく利用し、初めはペダルをスッキリめから初めて、だんだんとペダルを多くし、豪華な響きにすると自然に盛り上がっていくと思います。


具体的には、
まずサビ1拍目とシンコペーションに合わせて踏みこみ、2,4拍目は少しペダルをあげて響きを消し、濁りすぎないようにします。
あるいは、左手のシンコペーションになっているシとソだけが残るような、すっきりしたペダルにするのも良いでしょう。

そして、音楽が盛り上がるにつれて、2拍で1ペダルにしていくと音楽にメリハリが出来て、よりグラデーションがついていきますよ!
※くれぐれも濁りすぎには注意しましょう。

サビは何回か出てくるので変化をつける材料としても、ペダルも効果的に使っていくことをオススメします。

いかがでしたでしょうか?

以上、2020年のNHKコンクールの課題曲「足跡」のピアノ伴奏、練習番号C(F)の解説でした。

少し高度な要求もあったかもしれません。
また、文章では伝わり辛いところもあると思います。

解説動画も併せて参考にしてみてくださいね。

また、「足跡」の伴奏のフル実演動画も参考になれば嬉しいです。

それでは、また次の解説でお会いしましょう。


牛武奏人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です